街角ギャラリー

1/1000sec.の刹那、1/2sec.の玉響
日々の雑感を書き綴ります。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
Google Adsense
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スーパーヨサコイの撮影方法について思うこと。
憧憬15

JUGEMテーマ:写真


上の写真は、シリーズ「憧憬」。

スーパーヨサコイとは、なんら関係がありません(^^;)

ヨサコイの写真は、たくさん撮りましたが、まだ全部チェック
しきれていません。どうしよう・・・

まあ、今週の土日に集中します。
では、スーパーヨサコイ撮影の反省点などを・・・・・



しつこい位に書いていますが、今年はある程度の機材をそろえて
ヨサコイの撮影に挑みました。

結果は・・・もう1回ぐらい事前に練習の撮影にいけばよかった・・・

という位の状況です・・・(−−;)

チラッとみた中では、やっぱりピントが甘い。
今回、とにかく機材に振り回された感がありました。
ニコンF5とVR80-400の組み合わせは、重かったけれどいいコンビでした。

今の時代、自動化が進んだ機材を使用しても、操作するのは、人間です。
機材の習熟度が、傑作につながります。
ひとつのポイントは、習熟度が足りなかった・・・ということです。

また、途中にE-30で、いつも使っている「アートフィルター」を使用してみました。
これは、選択がダメでした。「ポップアート」を使ってみましたが、オール没です。

気付かなかった反省点をひとつ。
撮影は、いつもJPEGなのですが、それならフォーマットを16:9とか、スクエアと
やってみれば、良かったなあということです。

特に横に広いステージが多かったので、なおさら16:9は、有効でしょう。
他の方の写真をみると、この点が一番心残りです。

撮影の場所については、初日がNHK前ストリート中心。
2日目が文化館ステージ中心というのが、いいところだと思います。

表参道での演舞は、踊り子さんは、最高の舞台だとは、思いますが、
ヨサコイを題材にアート的に撮ろうとするものからは、ちょっと撮りにくい場所です。

何しろ背景がうるさすぎて、その処理をするための場所がどこだかわからない。

今回一応、表参道まで行ってみましたが、朝から場所取りをする必要があるようで、
結局そこでは、撮影できませんでした。

今回新たに演舞会場となった代々木体育館前ステージは、なかなか面白い場所です。
正面から撮ろうとすると、逆行気味になるので、これはなかなか難しい。

但し、途中でとてもいい場所を発見しました。
400舒幣紊遼庄鵑使えるかたなら、結構面白い写真が撮れる場所です。
来年も代々木体育館前ステージがあれば、その時に書き込みましょう。


「難しい」けど「面白い」
というのが、ヨサコイ祭りの撮影の醍醐味というところでしょうか。

生っ粋9

ブログランキングに参加しています。ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ny724.jugem.jp/trackback/620