街角ギャラリー

1/1000sec.の刹那、1/2sec.の玉響
日々の雑感を書き綴ります。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
Google Adsense
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
川鍋祥子写真展 「空に」 へ行ってきました。
kawanabe.jpg

JUGEMテーマ:写真


今日は、珍しく予定通り事が運んだ日。
おかげで、ブログを書くネタも少したまった(^−^)
まず、今回のエントリーは、川鍋祥子さんの
写真展の話。


昨年だったか、同じくアップフィールドギャラリーで
開催された展示に行ったので、今回の展示にDMを
いただきました。

前回、「針箱」という展示でしたが、ちょっと自分の中の
琴線に触れる展示だったので、とても印象的でしたが、
さて、今回の展示はどうだったでしょうか。

前回は、それなりの時間をかけての展示でしたが、
今回は、1日で撮影された展示とのこと。
このこと自体が凄いと思えました。

しかも、お話を伺ったところ、ブローニーで
16本撮影。ローライだったら、12枚だから
16×12=192枚。
そこから、約40枚の展示。

う〜ん、凄すぎる。

このブログの先日のヨサコイ写真は、
おそらく、1500枚以上撮っていますが、
掲載は、20枚もないよな・・・(−−;)

ご本人は、「空の写真が多い」と言われていました。
まあ、タイトルも「空に」ですが、全体的な
印象としては、「光」が多いということと、
「祭り」みたいなものが感じられないこと。

「祭り」という現場に行って、自分の表現したい
異なる被写体を見ていたということでしょうか。

アップフィールドギャラリーは、水道橋にある
落ち着いた雰囲気のギャラリーです。
行くと、いつもギャラリーのあるビルの写真を
撮影してしまいます。

落ち着いた雰囲気のギャラリーに、光あふれる展示を
見に行っては、いかがでしょうか?

会期も比較的長いから行きやすいですよ。

ではでは。

川鍋さんのサイトはこちら

アップフィールドギャラリーのサイトはこちら。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ny724.jugem.jp/trackback/1326