街角ギャラリー

1/1000sec.の刹那、1/2sec.の玉響
日々の雑感を書き綴ります。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
Google Adsense
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
写真集「日本全国丸型ポスト」を購入しました。


JUGEMテーマ:写真


昨日のリベンジではないですが・・・
今朝の朝食は、池袋、ジュンク堂隣の
スターバックスへ行きました。

BLTサンドとスタバラテのグランデ。
420円と420円の合計840円。

外朝食は、できれば500円以下に抑えたいと
思っているので、少し贅沢。

朝食が済んだ後(昼過ぎになっていましたが)、
隣のジュンク堂へ。

続きを読む >>
「雲の上はいつも青空」を購入


JUGEMテーマ:写真


写真は、以前にも掲載した写真を元に
「インスタグラム」で加工・掲載です。

このブログ「JUGEM」がインスタグラムと
連携をしている為、インスタグラムの
写真の掲載が、とても簡単です。

ところで、今日は、本を購入・・・

続きを読む >>
「PHOTO GRAPHICA」を買いました。


JUGEMテーマ:写真







続きを読む >>
写真集「iPhonegrapher」を購入しました。
横浜4

JUGEMテーマ:写真


横浜での写真です。
中央にオブジェのようなものがあります。
よくオブジェだけが写真で撮られていますが、
遠くから撮るのも面白いかも。

少し、「発見」した気持ちです。


続きを読む >>
TOKYO STYLE
フォトセッション5

JUGEMテーマ:日記・一般


暑い日が続きます。
こんな日は、クーラーの聞いた部屋で、
ゆっくりと写真集のページなどを
めくるのもいいものです。

そんな写真集として、自分の好きな
ものをご紹介します。
続きを読む >>
エイ文庫
JUGEMテーマ:写真


昨日エントリーしたエイ文庫の「マイ・フォト・デイズ」。
今日、通勤の電車の中で読みました。
なかなか良い本だと思います。
トイカメラも何枚かに1枚偶然に撮れる写真とその効果を狙って撮れる写真と
意味合いは違ってくると思いますが、マイ・フォト・デイズの著者は
後者のほうでしょう。
でもやっぱりトイカメラはあまり使う気になれない。

今回、この本のタイトルが藤田一咲さんがつけたと書いていたので、
藤田さんプロデュースかと思ったが、違ったんですね。
もうひとつの本でした。

マイ・フォト・デイズの著者は地元(高知)では、結構有名な方みたいですね。
出版記念写真展やライブなど色々活動されているようでした。
前回、エイ文庫から本を出されたhanaさんもそうですが、女性、しかも
主婦の方のパワーがすごいと感じる今日この頃です(^−^)

もうすぐは〜るですねぇ♪
何?
マイ・フォト・デイズ
JUGEMテーマ:写真


昨日の話し。
昨日は結局、自転車練を諦め、休息にあてた。夜中に花粉症で息が出来なくて、
何度か目が覚め、ボーっとした状態だった。クーっ!!つらい!
たまにはジックリ、本でもと思い、池袋ジュンク堂に出撃。
購入したのが、いつものエイ文庫・池田葉子さんの「マイ・フォト・デイズ」だ。
奇数月の9日前後にいつも発売しているシリーズ。
一番最初は内田ユキオさんの「ライカとモノクロの日々」以来
お世話になっている(何のお世話だ!?)
同じタイミングで他にも出ている本が一緒にあったが、とりあえず
これだけ手に取る。

最近、自分の中では旅をしての写真よりも、自分の生活圏半径何百メートルの
写真のほうに興味がわく。何百メートルは現実的でないにしても
片道1時間〜1時間半ぐらい、要は通勤圏程度の距離だ。
その点からして、今回選んだ本はまさに当てはまる。

まだ余りよく読んでいないが、写真もなかなか楽しめそうだ。
しかし、カメラについては、トイカメラ系を多用している様子。
ちょっとこれだけがどうも好きになれない。
もっとも、だからこそ、不可思議な色が出ると書いてあるようだ。
それも面白いのだろうけれど、業界人の立場からすると
「ちゃんとしたカメラ買ってよ!」って思ってしまいます・・(^^;)
デジタルカメラも出始めはトイカメラに近い用途だったような
気がするので、何がどうかわるかわかりませんね。

ぱーっつと眺めて一番好きな写真は最後の猫の写真。
やられた!と思いました(^−^)

下の写真、修正修正また修正?現実感の無い色が好きです。
大伸ばしは駄目だなあ。
超茜



午後の最後の日射
JUGEMテーマ:写真


また、今週が始まった。
電車に乗って、会社について、仕事をして、昼飯を食べて、
また仕事をして、「お疲れ様」といって帰宅した。
だから、今日のトピックはほとんど思いつかない。
あ〜、そういえば、会社の近くでは雷がなっていたなあ。それだけ。

だから、そういう時は手持ちのネタで(^^;)

写真集。今日は渡部さとるさんの「午後の最後の日射」

まずタイトルがいい。好きな小説のタイトルをもじったものらしい。
ハービー山口さんの「代官山17番地」にしてもタイトルが素晴らしい。
まずは最初の部分ですね。

渡部さんのオリジナルプリントは合計3枚持っていますが、
その内の2枚はこの写真集からです。

南の島を落ち着いたモノクロームで描写。
ローライで撮った海辺の透明感を感じる一枚。
言葉がうまく見つからないが、気が向いたときに、ぱらっとめくって
和んで、自分のエネルギーを蓄えられる写真集でしょうか。

「代官山17番地」と同じレベルで好きな写真集です。
残念ながら、現在在庫が無いそうですが、二つ目の写真集にも
何枚か同じ写真が掲載されています。

・・・・・・
どうも、写真集の話だと、話がまとまらないなあ・・(−−;)




代官山17番地
JUGEMテーマ:写真


今日、外に出たのが2回。
1回は昼飯を食べに。2回目は夕飯を買いに・・・・。
ほとんど引きこもってしまった・・・・・(−−;)
というか、酒が残り、プラス疲れからの寝不足・・・。
昼飯後に今日を諦めて昼寝をしたから、今は結構大丈夫です。
明日はちょっと活動をする予定。

そんな日だから、書くことも特に浮かばないので、好きな写真集に
ついて書こうと思います。

千葉に住んでいるときに新しくなった県立図書館で見た写真集、
「代官山17番地」は自分にとってかなり影響を与えられたものだ。

自分の行動範囲で目にする写真集は花鳥風月のものが多く、
一度みたら、二度は見ないというものばかりだ。
でも、写真を撮ることは好きだから、なにか面白いものがないか、
いつも探していた。そこ出会ったのが、この写真集である。

モノクロでシンプルな構成で、でもありふれた、何故か懐かしく
感じる写真たち。土曜日の午後の静かな空間にゆっくりとした
時間が流れていくような雰囲気だ。

こんな写真を撮りたかったんじゃないか!と初めて意識して
自分の新たな方向性が確認できた。
それからは、写真の見方や撮り方に変化が生じて、自分の行動範囲も
大きく変わってくる。

そう、この写真集との出会いで変わってきたのだと今更ながらに
思います。
変わっていないのは、一人ものということぐらい。
でも、自分の趣味を鑑みると、どうも一人上手なものばかり(^^;)
まあ、そういう性格なのかな・・・・。

因みにこの写真集は魚山堂で15000円で購入しました。
結構美品でした。
ハービーさんにサインを入れてもらったときにも「これだけ綺麗な本は
なかなか無い」といっていただきました。
今、ネット上では、19800円ですね。

なかなかオチがありませんが、下の写真は横浜ZAIMで撮りました。
今回横浜で撮影した中では一番好きなものです。

窓